ユーザー目線に立てる開発環境を求めて。期間を決めずに、じっくりと企業と向き合う転職活動

<プロフィール>
石田 智宏さん:
大学生時代に個人でアプリ開発を始める。大学卒業後は、教育系アプリの開発に従事。より「自身がユーザとなれるサービス」を求め、2022年9月、ヤマップ株式会社にAndroidアプリエンジニアとしてジョインする。

LAPRASを通じて転職された方のインタビューをお届けします。今回は2022年9月より株式会社ヤマップでAndroidアプリエンジニアとして活躍する石田さんにお話を伺いました。

―― エンジニアを志すようになったきっかけは?

幼少期から身近にパソコンがある環境でした。なのでパソコンやプログラミングに触れる機会は早かったと思います。当時から「将来的にはパソコンを使った仕事に就きたい」とはイメージしていたのですが、具体的に考えるようになったのは大学生のころですね。

大学でGUI開発について学ぶ機会があって、この知識があれば自分でもアプリ・サービス開発に挑戦できるんじゃないかと思うようになりました。それから個人で様々なサービスをリリースするようになったんです。ピクチャークロスワードの問題開発者用の添削アプリなど、いくつかのアプリを個人でリリースしてきました。

その経験を活かして、大学卒業後は学習・教育関連のアプリ開発エンジニアとしてキャリアをスタートすることになりました。小中高生向けの教育系アプリの開発現場でエンジニアとしての経験を積み、2022年9月に株式会社ヤマップにAndroidアプリエンジニアとして入社しました。

―― これまでに転職はどれくらいされていますか?

今回のヤマップが初めての転職です。前職の環境(小中高生向けの教育系アプリ開発)で経験を積んでいく中で、小中高生がユーザーであるサービスと自分自身に距離感を感じるようになってきて。もっと自分自身がユーザーと近い感覚で開発できる環境に身を置きたいと思うようになりました。そこから複数の転職・スカウトサービスに登録して、少しずつ転職活動をスタートさせることになりました。それが1年くらい前だったと思います。

―― LAPRASにはどんなきっかけで登録したんですか?

「自分のスコアが可視化される」という点に興味を持ってLAPRASに登録しました。登録は転職活動を始めるより前からしていました。「転職の為に」というよりは、「自分の技術を俯瞰的に評価してくれる」という部分が面白いと思いました。

―― 転職活動はどんなスタンスで行っていましたか?

転職を意識するようになってからも「いつまでに決めよう」と期間を定めていたわけではありません。自身の情報をしっかりと発信していくことでより多くの企業や、可能性との接点を持つ事が重要だと考えていたからです。スカウトやカジュアル面談の打診をいただく中から、自分の理想とする働き方とマッチする企業をじっくりと探していました。

多くの企業から声を掛けていただく中で、エンジニアリングスキルだけが伝わっている状態だと、アンマッチになってしまうこともありましたね。私の場合、「自分自身もユーザーとなり得るサービスの開発」を転職の軸に考えていたので、そのあたりもこちらから提示できる情報として明示しておくことも必要だと感じました。転職活動を振り返ってみると、私自身も完璧にはできていなかった部分ではあるのですが(笑)。

そんな中でヤマップさんとご縁を頂き、CTOやエンジニアとお話ししていく中で同社の開発体制・カルチャーやマインドに徐々に魅力を感じるようになってきました。

―― どういった部分に魅力を感じましたか?

登山という私自身もユーザーになり得る分野に関するサービスでしたし、ユーザーに対する熱量を持てるサービスであることが魅力でした。選考の段階で「実際にYAMAPアプリを使っての意見をもらえますか?」と言われ、実際に登山にも行きました。元々、本格的に登山をする人間では無かったので「登山初心者向けのフォローができる機能が欲しい」などの意見をお伝えしました。登山初心者だからこそ気付ける点もあるでしょうし、私が大事にしたいと思っていた「自分ごととして捉えられるサービス」にも繋がっているのかもしれないと感じましたね。

最終面談の時に福岡に呼んでいただいて(石田さんは関東在住、ヤマップ本社は福岡)。実際に一緒に働くエンジニアの皆さんとも直接お話することができました。リモートでお話したことがある方もいらっしゃったのですが、そういった機会を作ってくださったことも嬉しかったです。

―― 石田さんにとって「エンジニアの転職」とはどんなものですか?

今の時代、ITエンジニアにとって転職はとても身近なものです。3年もしたら転職を意識する方も珍しくないんじゃないでしょうか。自分をより成長させたいと考えた時に選択肢のひとつとして持っていることは大切だと思います。

私の場合、転職は「より自分ごととして捉えられるサービスの開発に携わりたい」という思いからのスタートでした。「いつまでに」という期間は定めずに転職活動をしていたので、じっくりと自分のやりたいこと・目指したい姿とマッチした企業との出会いを実現することができました。転職の軸となる部分をブレずにしっかりと持っていくことが重要だと思います。

―― アウトプットに対する考えも教えていただけますか?

個人で開発しているアプリの開発・改善・保守がアウトプットのベースになっていますね。基本的に個人で開発したアプリのソースコードはGitHubで公開するようにしています。ただコードの公開は無意識でのアウトプットですので、それとは別にブログも年に1回は書くように心掛けています。第三者に伝わるよう意識的にアウトプットを行うことで、自分の中のこれまでの学びの整理にもなりますし、備忘録にもなると考えています。さらに自分の書いた記事が、他の誰かが行き詰った際のちょっとした助けになるのであればいいなとも思っています。転職活動においてはこういった情報を、企業の採用担当者の方に見ていただけることで、エンジニアとしての力量や目指している方向性を伝えるのにも有効だと思います。

―― LAPRASの掲げる「最善の選択肢とのマッチングを通した、よりよいキャリア作り」は今回実現できたと思いますか?

私個人としては、とても良い選択肢とマッチングできたと感じています。LAPRASをはじめ、様々なサイトを通じて多くの企業様とお話しする機会を得られたのは、私にとってもとても良い経験だったと思います。

Androidアプリエンジニアとして尖った成長を目指していくというよりは、その時代にあったプラットフォームを学び続けて、普遍的な技術を持つエンジニアになっていきたいと目標を持っています。「モノづくりが好き」という根本的な思いを大切にしながら成長していきたいですね。

―― なるほど。本日はありがとうございました。

LAPRASを見てみませんか

LAPRASは、 Web上のアウトプットが自動で分析 、まとまっていく ポートフォリオサービス です。

クローリング技術によって、 面倒な入力なし技術情報や志向性が客観的に分析 され、内容は常に最新にアップデートされていきます。

プロフィール情報をもとに、 スキルや志向性に関心を持った企業からスカウトがくる ことがあります。また、LAPRASポートフォリオをつかって 求人案件や副業案件に応募することも可能 です。

登録はSNS連携で簡単 に始められます。ぜひご登録ください。

LAPRASポートフォリオはこちらから